設立と安定性

社団法人の設立と安定性について

一般社団法人は同じ目的を持つ人が集まって設立された団体です。
財団法人と違い、資本金や固定資産は持っていなくても社団法人の設立は可能です。
また、非営利団体なので株式会社などと違い設けることは目的とされていません。必要最低限の財産の中で、運営がされ、それ以上に利益が出たとしても社員たちで分配されることなく、社団法人の活動資金として活用されるだけです。

そのため給与をたくさんもらうために設立したり、就職するというのは違うでしょう。最近では大手の株式会社も倒産する自体のだめ、民間企業の安定性は保証がありませんが、社団法人も民間です。安定性を求めるのであれば公務員などを目指したほうがよいでしょう。
ただ一般社団法人の場合、その設立目的は明確です。自分の興味ある分野の活動を同じ仲間と一緒に行い、場合によっては社会のために活動することもできる、それを仕事として行うことができるというのはメリットです。社会で働く上で大切なのは安定性もありますが、やりがいも重要なのです。

一般社団法人を更に安定性のある団体にする方法として公益法人になるという道もあります。NPO法人がその活動内容の規定があってその範囲内のみでないと立ち上げもできず、それぞれの分野別に所轄庁が決まっていて立ち上げ後もその所轄庁に定められていた活動範囲内で活動しているかどうか報告の義務があるのに対し、一般法人は活動内容は自由です。日本の法律に違反していないかどうか、団体の法律である定款を認証審査を行いそれが通ればあとは登記手続きを行なって法人としての活動が始まるのです。その後はNPOと違い報告の義務もありません。

しかしながら、公益法人を目指すとなると公益制度の範囲内にその活動内容が含まれているかどうかの審査が行なわれることとなります。そしてその後も公益事業のみを行なうようにし、報告の義務が出てくるとともに、もし違反すると公益法人としての資格を剥奪されるのです。公益法人になるための審査は一般法人になる以上にとても難しいものです。しかしその分、社会的信用度もアップします。

税制優遇措置や寄付金控除の優遇措置なども行なわれるようになります。幅広く寄付金を集めることもできるようになるので財産もアップし、安定性は増すのです。
一般法人というと資本金も必要なく社員数2名以上いればなることができます。登記だけで設立できるため社会的信用も低いのです。