設立の意味

社団法人を設立する意味について

社団法人と言う言葉はそれほど一般的なものではありませんが、この概念の中には株式会社や医療法人、NPO法人など様々な法人を含む概念であるという説明を受ければ実に広い範囲を含む概念であることが分かります。この様な団体は全て社団法人と呼ばれる括りに入るものであり、それぞれ何らかの法律を根拠法として設立することが出来る仕組みになっています。例えば株式会社であれば会社法を根拠法とし、医療法人であれば医療法が根拠法となります。

NPO法人の場合には特定非営利活動促進法と呼ばれる法律によって規定されているのです。何らかの活動を行う個人が集まって組織する団体の場合には所定の手続きを経て法人格を取得することが出来る仕組みになっているのですが、それぞれの根拠法に基づいて設立され、責任や権限の主体となることが出来る法人のことを概して社団法人と呼んでいるのです。

近年知名度が高まってきている一般社団法人もその中の一種類であると言えるでしょう。この法人の場合には非営利活動を行う団体が設立可能な法人として知られるようになってきていますが、同じような枠組みを持つNPO法人や公益社団法人との違いは設立をするために求められる条件の違いや、得ることのできる権利の違いであると言えるでしょう。様々案免税の対応を受けることが出来るNPO法人は申請に対して審査期間が非常に長いことに加え、その活動内容や範囲についても法律によって細かく規定されているという現実があります。そのためある程度自由に活動することが出来る法人格として一般社団法人が新しく誕生した経緯があるのです。この様に法人には様々な種類がありますが、それぞれに独特な権利と義務が設定されているものであるというのが現実であると言えるでしょう。

この様に法人化を行う意味と言うのは様々な権利を得るために行うものであると言えるでしょう。一般企業の場合には事業用の口座を取得したり事業上の責任を法人にすることによって社会的な信用を高めることを目的とする場合もありますし、NPO法人や公益社団法人などの場合には行政上の何らかの恩恵を受けることにつなげる場合もあります。これらは全て法人化することにメリットがあるために行われていることであると言えます。この様に法人を設立することによって得ることが出来る何らかのメリットを獲得することが法人化をする意味であると考えることが出来るのです。”